• 2017/02
  • 2017-03 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/04
 5/15 三重県リーグ第1節結果
2011年05月18日(水) 23:13


三重県社会人フットサルリーグ
2部 第1節
5月15日(日)
@鈴鹿市立体育館
観客:13人

VS あぜりあ(新加入)

前半 1-1
後半 2-1
計  3-2(勝ち)
得点:隅田2、渡辺(純)

スタート:GK角田、伊藤、内田、菊地、隅田
Substitute:渡辺(純)

開始1分、伊藤のOGで先制を許す。さらに伊藤がハンドでPK献上したものの、これは相手が外して大事に至らず。
そして開始3分に伊藤が負傷退場で5人で戦うことに。しかしヌワンコ隅田の同点ゴールで1-1で折り返し。
後半、相手に追加点を許し1-2になったものの、またまたヌワンコ隅田が同点ゴール。菊地の突破から渡辺(純)のゴールで勝ち越し。あとは試合終了まで体を張って守って勝利。
試合時間のほとんどを5人で戦っての貴重な勝利をあげることができました。

試合終了後 渡辺監督代行コメント

――試合を振り返って
「今日は勝ち点3を取る事ができ、我々の目的を達成しました。決していい内容ではなかったと思いますが、交代選手がいない状況で最後まで諦めないサッカーができたのではないかと思います。
結果も良かったけれど、選手たちが最後まで冷静にタフに戦ってくれました。開幕戦という難しいゲームで勝てたのでよかったです。
武内監督からは「キックオフからずっとパワープレーせよ」との指示を受けていましたが、言う事を聞かなくてよかったです。
あぜりあは県リーグに参入したばかりですが、非常に高いモチベーションで戦っていたので、決して楽な試合ではありませんでした。」

――角田選手のパフォーマンスについては?
「今日は本当に素晴らしかったと思います。しっかりと集中していましたし、あぜりあのシュートを何本も止めました。角田選手は我々が必要としているGKで、クオリティの高い選手だと思います。どちらに転んでもおかしくないゲームでしたし、ストレスの多いゲーム内容でした。その中でしっかりとチームをコントロールし、危機的な状況を打開して素晴らしいセービングをしてくれたのが角田選手だと思います。」

――ハーフタイムでの指示は?
「伊藤の退場により、プラン変更せざるを得なかった。
ディフェンスの意識とコーチング、攻→守、守→攻の切り替え、リスタートを集中するよう指示を出しました。
しかし、後半私たちが劇的に良くなったわけではなく、最後まで勝利を諦めない強い気持ちがあったので、いい結果に繋がったのだと思います。」

――試合を決定づける決勝ゴールを決めましたが?
「サポーターのためにゴールできてよかったです。そして開幕戦にチームが勝つことができてとても嬉しいです。菊地選手からいいボールが来たので、私は決めるだけでした。
リーグ戦はまだまだ続くし、この勝利に満足せずこれからも練習して頑張っていきたい。今日はサポーターがとても熱く心強かったので落ち着いてプレーできました。これからも熱い応援をよろしくお願いします。」

応援に来て頂いた皆様、ありがとうございました。

次節
5/29(日) @鈴鹿スポーツガーデン体育館
VS FC SERIO
13:45 Kick Off

応援よろしくお願いします。
開幕ダッシュおめでとうございます!!
応援行けてよかったです!!!
皮先先輩、菊、うっかりやすべえの3人が、『もう二度と渡辺代表のゴールは見れやんで!!』と、口をそろえて陰口してました。
ぼくは『そんなことないやろ』ときつく叱っておきました。

また応援に行きたいと思っています!

応援してます!!
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する





Skin name nigeria_type_b_2 ver.2008
テクノラティお気に入りに追加する