• 2018/09
  • 2018-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/11
 4/11 三重県リーグ第1節 結果
2009年04月13日(月) 23:15



三重県社会人フットサルリーグ
1部 第1節
2009年4月11日(土)
@鈴鹿市体育館
観客:7人

Nigeria           0
Force Futsal Ise    13
得点:

今シーズン開幕戦、昨シーズン3戦3敗のナイジェリアは何とか勝利という結果を残したいところ。
スターティングメンバーはGK林崎、加藤、隅田、前川、葛和。
お互い慎重な出だしだったが、連続2失点で出鼻をくじかれた。
逆にForceは勢いに乗り、ズルズルと劣勢になっていった。
そこから失点が止まらず、前半終わって0-8。
後半もいいところなく0-13で完敗。

Forceは成長を重ね、試合をするたびに強さを増しています。

川崎代表インタビュー

――試合を振り返って
「リーグ開幕戦ということで勝って終わりたかった。
失点の数が、現時点での我々とForceの差でしょう。やはりリーグ戦には現状が出て、力は差は隠せないと感じた。
そして0-13という結果は我々にとっても驚きでしたし、とても重い負けだと思っています。今日の試合は、我々の描こうとしている試合ではありませんでした。我々のチームが得点を決める事が出来なかったわけで、しっかりと受け止めたい。」

――13失点しましたが?
「失点シーンはすべて違うので原因は1つとは言い切れません。今日の試合では、ディンフェンスが少し優しすぎたのではないかと感じています。その点でメンタル面の強化をし、気持ちを切り替えさせたいと思います。現在はチームが自信を失っています。次の試合に勝って、自分たちで自信を取り戻さなければなりません。」

――Forceに対する対策ができていなかったのでは?
「Forceというチームは三重県の中でもベストチームの1つだと思っています。彼らはコンディションもよく、非常に高いモチベーションで試合に臨んでいたし、非常にいいパフォーマンスを見せていました。最初の連続2ゴールを決められて勢いに乗せてしまいました。もしかしたらナイジェリアの選手がうまく試合に入れなかったのかもしれませんし、Forceの出来が良すぎたのかもしれません。そして、今日のナイジェリアとForceの結果の差は、そこに出たと思います。
ただ、これでもう終わりかということではなく、1試合1試合すべてに学び、積み上げていき、今日はその繰り返しの中の1試合。反省すべき点は反省して、また次に臨んでいきたい。」

――次節に向けて
「今後も我々のスタイルは続けたいと思います。フットサルとは良い試合をしながら負けたり、逆に悪い内容でも勝つという事が起こりうるスポーツです。我々は自信を取り戻して戦うだけです。
シーズンは始まったばかりですし、落ち込む必要はありません。次の試合に向けて選手たちには、気持ちを強く持ってトレーニングしていくこと、一生懸命にプレーすること、試合には高いモチベーションで臨むこと、気持ちを切り替えることを伝えました。」

ファン・サポーター・選手およびクラブ関係者の家族のみなさま、たくさんの応援と、ご協力ありがとうございました。
ナイジェ9
初戦白星スタート出来ず残念でしたが、前川選手の撫で肩は鈴鹿市体育館に来場されていた関係者、選手、ギャラリーの中でも飛び抜けた撫で具合いで三重県フットサル界No.1でした。脱臼せず何よりです…

次節は白星期待しています
今年の県の1部と2部はどうなるとおもいますか?
予想してください。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する





Skin name nigeria_type_b_2 ver.2008
テクノラティお気に入りに追加する