• 2006/10
  • 2006-11 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2006/12
 全日本予選2次リーグ2日目
2006年11月18日(土) 22:18
全日本2次予選


今日は全日本選手権2次予選2日目がありました。

【第1試合】
vs ナスパ四日市
1-1
【第2試合】
vs TRIDENT
5-3
 
初戦を落として後がなくなったナイジェリア。
もう絶対負けられない状況だった。

1試合目は県リーグでも上位で去年は準優勝のナスパ。
相手はかなり気合い入ってた。
ナイジェは仕事の都合で7人しか集まらず、体力的にも不利だった。
でもしっかり守って、カウンターから先制!
その後もずっと相手ペースだったけど集中して守れてた。
でも後半残り35秒くらいでFKを決められて同点。
そのまま試合終了。最後の気の緩みが失点につながったと思う。
勝てたゲームを落としたのですごくもったいない。

2試合目の相手はTRIDENT。過去にも何度か試合したことが
あるけど、最近はメンバーも変わり強くなった感じがします。
ナスパに引き分けたことで、この試合を6点差以上で勝つことが
決勝トーナメントへ行く条件となった。
とにかく攻めるしかない、ということで攻めまくった。
すでに2敗してて予選敗退が決まってるTRIDENT。
彼らにとってはもう消化試合だから、モチベーションは低い
だろう、と予想していたが実際は違った。
5人しかいなくて交代もいないのに、キックオフから怒涛の
ハイプレス。やりにくかった。

でも時間の経過と共に、彼らの疲れが見えてきて得点を重ねた。
前がかりになった分、こちらもカウンターから失点をしてしまった
けど、とにかく得点するしかないので攻めた。
結局5-3。得失点差でグループ3位で予選敗退が決定。

αブロック
1位通過
 RIO GRANDE
2位通過
 ナスパ四日市
βブロック
1位通過
 MEMBER OF THE GANG
2位通過
 Futsal Area NABARI

以上の4チームが決勝トーナメントへ。
実際のところ、GANG以外は同じくらいだな〜という印象を受けた。
残ったところは、スタッフ・選手含めてチームとしての意思統一が
できてるところだと思う。
チーム全体で勝ちたい気持ちが強かったと思う。
そこが残れなかったウチとの違いだろう。

でも今回の結果が今、ナイジェリアの持っているすべての
力だと思います。
今シーズン、まだリーグ戦が残っているので優勝できるよう
切り替えて頑張っていきます。


 全日本予選2次リーグ1日目結果
2006年11月12日(日) 19:29
全日本1日目


さあ、みなさんお待ちかねの試合結果です。
☆2次予選 1日目
11月12日(日)
会場:四日市霞ヶ浦体育館

RIO GRANDE 3-1 ナイジェリア

MEMBER OF THE GANG 6-1 Futsal Area NABARI
 
TRIDENT 1-6 NASPA四日市

BANFF MIE 2-4 Bushman

RIO GRANDE 3-1 TRIDENT
 
MEMBER OF THE GANG 12-1 BANFF MIE 

という結果になりました。
初戦って事でやっぱみんな不安とか緊張とかあったと思う。
しかも相手は東海リーグのクラブ。怖くないと言いながらも
慎重なスタートだった。

ハイプレス&旋回でガンガンくるかと思ったら、意外にも様子を
見てるかの如く引き気味。
こりゃ攻めにゃ損とばかりに攻めて優勢に試合を運んだ。
で、会場にいた誰もが予想しなかったと思われる、ナイジェリア先制!
葛和?の先制ゴールが決まった瞬間、勝利への自信が確信に変わった
ってカンジがした。
やっぱ大事な所で点を取れるエースはや男やし頼りになるわ〜。

それからもいいゲームは運べてた。
まずディフェンスをしっかりしようと話てたんで、危ない場面も
あったけどゴレイロのマルコスが集中してよく守ってた。
はっきり言ってそんなに差は感じなかった。
取りに行けばボール奪えるし、攻めればシュートまでいける。

でも、クリアミスを詰められて同点にされ、オウンゴールで1-2で
折り返し。
出だしの悪いナイジェが最初からいけてると思ったらやっぱやられた。

後半も攻めまくったものの、点を取りに行ったところを逆に
得点を重ねられ結果1-3となりました。
勝てた試合を落とした感は否めません。
ちょっとした経験の差や、スタッフ・選手含めたチーム全体の
モチベーションという点で相手のほうが上回っていたのでは。

ただ、東海リーグのクラブと十分互角にやれたし、悔しい思いもしたので
次はさらに自信と熱い気持ちを持って望めるはず。
あとはリズム悪くなる時間帯もあったし、メンバーのバランスが悪い時も
あったのは確かなんで監督と相談して修正していきたい。

18日に残り2試合2勝しないと決勝トーナメントには残れません。
まだ可能性は十分あるから、1戦1戦ベストを尽くしていきたいと
思います。
みなさん応援よろしくおねがいします。
 全日本2次予選組み合わせ
2006年11月07日(火) 23:34
95bfaaea-s.jpg


☆2次予選 1日目
11月12日(日)
会場:四日市霞ヶ浦体育館
試合時間:20分−5分−20分 ランニングタイム

? 9:30〜
RIO GRANDE - ナイジェリア
?10:30〜
MEMBER OF THE GANG - Futsal Area NABARI
?11:30〜 
TRIDENT - NASPA四日市
?12:30〜
BANFF MIE - Bushman
?13:30〜
RIO GRANDE - TRIDENT
?14:30〜 
MEMBER OF THE GANG - BANFF MIE 


☆2次予選 2日目
11月18日(土)
会場:四日市霞ヶ浦体育館
試合時間:20分−5分−20分 ランニングタイム

? 9:30〜 
ナイジェリア - NASPA四日市
?10:30〜  
Futsal Area NABARI - Bushman
?11:30〜 
RIO GRANDE - NASPA四日市
?12:30〜 
MEMBER OF THE GANG - Bushman
?13:30〜 
ナイジェリア - TRIDENT
?14:30〜 
Futsal Area NABARI - BANFF MIE 

12日RIO、18日NASPA、TRIDENTと対戦です。
どのチームもナイジェリアよりも上のカテゴリーのリーグです。
でもやってやれないことはない!?と思います。
気持ちとガッツで何とかいい結果が出せるよう頑張ります。
あとは皆さんの応援しだい!?
 全日本1次予選結果
2006年11月05日(日) 21:48
全日本1次予選結果

1次リーグ結果
Aブロック
1位通過 
ナイジェリア(MFL2部)

Bブロック
1位通過
TRIDENT(MFL1部)

Cブロック
1位通過
Bushman(MFL1部)

Dブロック
1位通過
Futsal Area NABARI(MFL2部)
ワイルドカード通過 NASPA四日市(MFL1部)

Eブロック
1位通過
BANFF MIE(MFL1部)

第二次予選組み合わせ
Aブロック
RIO GRANDE(シードチーム)(TFL)
ナイジェリア
TRIDENT
NASPA四日市

Bブロック
MEMBER OF THE GANG/Futsal Area(シードチーム)(TFL)
Futsal Area NABARI
BANFF MIE
Bushman

各ブロック4チームの総当たり戦を行い、
各ブロック上位2チームが決勝トーナメントに進みます。

皆さん、応援よろしくお願いします。
 全日本1次予選
2006年11月04日(土) 22:52
いよいよ開幕、全日本選手権!(の三重県予選)

全日本01


予選1次リーグAブロック結果
ナイジェリア 5-2 KINGDOM
JOCK FUTSAL 3-5 KINGDOM
ナイジェリア 5-1 JOCK FUTSAL

危なげなく2勝でグループ1位通過できました。
結果はよかったからいいものの、強い相手なら
失点につながるプレーや、通用しないプレーもたくさんあって
決していい内容だったとは言えないゲームだった。

全日本02


2次リーグまであと1週間。チームも気持ちも体もいい状態で準備したい。
全日本03

今日は義妹と姪っ子、さらに義母さんまで応援に来てくれた。
ありがとうございました。すごく心強かったです。
ほかにもナイジェリアの応援に来てくださった方、
本当にありがとうございました!

応援してくれる人がいるのと、いないのとではやっぱ違う。
ガンバらなって思う。





Skin name nigeria_type_b_2 ver.2008
テクノラティお気に入りに追加する